既定のメールソフトで送信
HOME > ソフトウェア > Blue Moon機能 > 既定のメールソフトで送信

既定のメールソフトで送信

普段メールの送受信に利用しているWindows Live メールやThunderbirdなどの既定メールソフトで、Blue Moonに登録されているユーザー情報を宛先に指定して送信することができます。
Blue Moonの便利なユーザー情報管理機能を利用して一元管理することで、各ソフトのアドレス帳などの個人情報が散乱することを防ぐことができます。





宛先設定画面


既定のメールソフトで送信

    主な機能
  • 宛先追加: To,Cc,Bcc宛先へ複数グループ内の配信許可された宛先を追加できます。
  • 宛先削除: 選択した宛先を、宛先候補から削除することができます。
  • 宛先コピー: 複数宛先をカンマ区切りの文字列リストとしてクリップボードにコピーします。
  • グループ編集: グループ編集画面を直接表示できます。(ユーザー情報の参照・編集も可能)




サンプル画像(Windows Live メールのサンプル)


Windows Live メール

    注意点など
  • Outlook ExpressやWindows Liveでは、複数宛先の指定ができません。Microsoft社が提供するメールソフトを既定のメールソフトにする場合は、Windows live メールへアップグレードを行うか、またはOutlookメールを利用して下さい。
  • Becky Internet Mailの場合は、Bcc宛先への指定はできません。(Becky側でRFC準拠の仕様のため)
  • 複数宛先の指定ができないメールソフトの場合などは、宛先のコピー機能を利用して下さい。
  • 1ユーザー内に複数のメールアドレスが登録されている場合は、最優先のメールアドレスが宛先に指定されます。