HOME > ソフトウェア > dotNekoChecker


製品特徴 2017/10/30 Update Windows 10対応

概要

dotNekoCheckerは、PC内にインストールされた「.NET Framework」に関する、全てのバージョン情報をレジストリから検出するツールです。(バージョン確認、バージョンチェックツールとも呼ばれています。)
検出可能なバージョンは、1.0~4.7まで対応しています。(2017年10月現在)
また、ローカルPC内の検出以外に、ネットワークに接続されたリモートPC内の情報も検出することが可能です。(※1)
検出対象とするPCは、リストで管理し複数台まとめて検出することも可能です。

.NET Frameworkの一部のバージョンは、2016年1月13日にサポートが終了しています。
また、各OS毎にサポート対象となる.NET Frameworkのバージョンも異なっています。

.NETアプリケーションの利用を行う場合、動作環境必須条件として「.NET Framework 4.5以上が必要」などと指定されることが多いです。
そのような場合、予め利用環境にインストールされているバージョン情報を調べることが可能です。

セキュリティ調査の意味も含めて、利用されている環境の状態を知ることは大切なことです。
サポート対象外となるバージョンの「.NET Framework」を利用しているアプリが、本当に必要であるか、また上位のバージョンでも動作するのかを判断していくツールとしてご利用下さい。

※1)リモートPCを検出対象とする場合は、本アプリに付属しているヘルプマニュアルの注意事項を必ず参照して下さい。





dotNekoChecker

機能

主な機能

  • 検出対象となるバージョンは、1.0~4.7まで対応。(日本語ランゲージパックを含む)
  • ネットワークに接続されている複数台のリモートPCをまとめて管理し検出可能。
  • 液晶ディスプレイなどのドット抜け(欠け、落ち)を検出する補助機能搭載。
  • インストール不要。
  • フリーソフトなので無料で利用可能。(詳しくはソフトウェア使用許諾契約書をお読み下さい。)

動作環境

対応OS Microsoft(R) Windows(R) 10 日本語版
Microsoft(R) Windows(R) 8.1 日本語版
Microsoft(R) Windows(R) 7 日本語版
Microsoft(R) Windows Vista(R) 日本語版(SP1以降)
※Windows 10, 8.1, 7のみ32/64bit OS対応。Vistaについては64bit OSでの動作保証をしておりません。
※リモートPCからの検出には、管理者(Administrator)権限が必要。
※本製品のご使用には、Microsoft(R) .NET Framework 4.5以上が必要。
CPU インテル(R) Pentium(R) M プロセッサ 733 1.1GHz 相当以上
メインメモリー 空き容量1MB以上
ハードディスク 2MB以上のハードディスク空き容量が必要(データサイズにより変動する)
ディスプレイ環境 1,024× 768ピクセル以上の解像度を表示できるディスプレイを推奨
High color(16ビット)以上

ライセンスについて

ライセンス

  • フリーソフトなので個人や企業に関係なく何方でも無料でご利用いただけます。
    ※営利目的での利用は原則不可となります。営利目的での利用をご希望の場合は、当方へご連絡下さい。
    詳しくはソフトウェア使用許諾契約書をお読み下さい。

インストール方法

インストール及びアップデート方法

  • ①ダウンロードを行ったZIPファイルを任意の場所に解凍する。
  • ②解凍したフォルダ内の「dotNekoChecker.exe」をダブルクリックし本アプリを起動する。(インストール不要)

     ※以下のようなメッセージが表示される場合は、「実行」をクリックして次に進んで問題ない。
      「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」
  • ※新しいバージョンへのアップデート時は、ダウンロードを行ったZIPファイルを解凍し、旧バージョンのフォルダと入れ替える。

    ※設定ファイル及びリモートPC管理ファイルは、入れ替え前にバックアップしておくことでアップデート前の設定に戻すことが可能。

アンインストール方法

  • ①フォルダごと削除する。(アンインストール不要)

リリース情報

リリース履歴

2017.10.30: Version 1.1.0をリリース

機能改善

 
  • .NET Framework 4.7の検出に対応。

2016.02.14: Version 1.0.0を新規リリース