HOME > ソフトウェア > DTBounce


製品特徴 2015/10/21 Update Windows 10対応

概要

DTBounceは、受信済みのバウンスメール(リターンメール)を解析して、送信不能になったメールアドレスを抽出するためのフーリーソフト(利用制限有り)です。
eml形式のメールファイルから解析できるので、普段お使いのMUA(メールソフト)で受信したバウンスメールを解析することができます。

DTBounceは同報メール一斉送信ソフト「Blue Moon」の支援ツールとして開発されましたが、照合したいメールアドレスをCSVファイルでインポートすることで、様々なソフトウェアで利用しているメールアドレスと照合し解析抽出することが可能です。
Windows LiveメールなどのMicro Soft社提供のMUA(メールソフト)では標準でeml形式ファイルに保存されていますので、メールフォルダーを指定するだけで済みます。
また、多くのMUA(メールソフト)で、eml形式へのエクスポート変換機能を装備していたり外部ソフトで変換できますのでどなたでもご利用いただけます。

バウンスメールは様々なフォーマットで送信されますが、大きく恒久的なエラー(送信不能が恒久的な可能性のもの)と一時的なエラー(送信不能が一時的な可能性のもの)メールに分類することができます。
特に一時的なエラーメールに関しては、送信不能が恒久的か一時的かわからない場合があるので、ご利用されている環境にあわせてユーザー自身が学習させることができるようにしました。

バウンスメールを偽ったウィルスなども存在しますので、受信後すぐに開封したりせず、DTBounceで解析させるなどご活用下さい。




Analyze

機能

主な機能

  • emlファイルからの解析なので、受信済みのバウンスメールを利用できる。
  • 解析したメールアドレスをエクスポート可能。
  • メールアドレスを記述したCSVファイルをインポートすることで、独自の照合テーブルが作成できる。
  • 照合先データに登録されたメールアドレス表記の規則チェックを行うことができる。事前にチェックを行うことで規則違反によるバウンスメールを防ぐことが可能。
  • 照合データとマッチングしたメールアドレスと、マッチングしなかったメールアドレスをそれぞれレポートする。
  • レポートされた個々のメールアドレスから、該当するemlファイルの内容を確認できる。
  • メールアドレスの解析抽出に使用する正規表現を、カスタマイズすることができう。
  • 解析結果をご利用の環境に合わせてカスタマイズできるように、学習機能を搭載。
  • 解析結果などの一覧表示は、ページング機能でスクロール量をカスタマイズできる。
  • 解析結果をエラー種別でフィルタリングし抽出できる。
  • 解析結果で表示されたメールアドレスを直接、解析対象外メールアドレスとして登録できる。
  • 解析されたメールアドレス毎にバウンスメールの発生回数を蓄積し、累積回数を管理することができる。
  • データベースエンジンには、軽快で信頼性の高いSQLiteを採用。(DBシステムの構築不要)
  • データベースの新規作成・変更・複製が簡単にできる。

Blue Moon支援機能

  • 照合に利用するメールアドレス情報は、Blue Moonのデータベースを指定するだけの簡単設定。
  • 解析結果からBlue Moonのデータベースを直接、配信停止・削除することができる。
  • Blue Moonのデータベース内の配信停止メールアドレスを、照合させるかどうかの選択ができる。
  • 解析結果から選択したユーザーの詳細情報画面を表示することができる。
  • 解析結果から選択したユーザーの参加グループ編集画面を表示することができる。
  • 解析結果をCSVファイルにエクスポートして、後からBlue Moon上で配信停止・削除することができる。
  • メールアドレス規則チェック結果からBlue Moonのデータベースを直接、配信停止・削除することができる。
  • 解析結果をグループ名でフィルタリングし抽出できる。

パフォーマンス

バウンスメール解析処理パフォーマンス

解析所要時間は、下図を参考にして下さい。(version 1.x.x系の計測結果となります)
解析スレッドはオプション設定でカスタマイズ可能です。(ベストな値は、物理コア数が目安です)
HTMLメール配信時にリターンされるバウンスメールは、サイズが大きくなる傾向があります。
解析オプションでカスタマイズ可能です。

Performance








動作環境

対応OS Microsoft(R) Windows(R) 10 日本語版
Microsoft(R) Windows(R) 8.1 日本語版
Microsoft(R) Windows(R) 7 日本語版
Microsoft(R) Windows Vista(R) 日本語版(SP1以降)
Microsoft(R) Windows(R) XP 日本語版(SP2以降)


※Windows 10, 8.1, 7のみ32/64bit OS対応。Vista・XPについては64bit OSでの動作保証をしておりません。
※動作保証をしていないOSに関しては、サポート対象外となりますのでご了承下さい。
※インストールには、管理者(Administrator)権限が必要です。
※インストールには、Windows Installer 4.5が必要です。
※本製品のご使用には、Microsoft(R) .NET Framework 4.0以上が必要です。
(XPは.NET Framework 4.0、Vista以降は.NET Framework 4.0以上)
.NET Framework 4.0と4.xは共存できないため、Vista以降の動作確認は4.5(Windows 10は4.6)で行なっています。
※本製品のご使用には、Microsoft(R) VC++ 2010 SP1 ランタイムライブラリが必要です。

インストール時にsetup.exeを実行していただければ、上記の必要な全コンポーネントを自動的にダウンロードしインストールすることができます。(インターネットに接続された環境の場合のみ)
インターネットに接続されていない環境では、ユーザー様自身で各コンポーネントをダウンロードしインストールを行ってください。

VC++ 2010 SP1 ランタイムライブラリに関しては、下記からダウンロードしインストールすることも可能です。

VC++ 2010 SP1 ランタイムライブラリ(32ビット版OS用)
VC++ 2010 SP1 ランタイムライブラリ(64ビット版OS用)
CPU インテル(R) Pentium(R) M プロセッサ 733 1.1GHz 相当以上
インテル(R) Core i7 などのマルチコア プロセッサを推奨
メインメモリー 空き容量400MB以上(100万件のユーザー情報の場合)
ハードディスク 10MB以上のハードディスク空き容量が必要(データサイズにより変動する)
ディスプレイ環境 1,024× 768ピクセル以上の解像度を表示できるディスプレイを推奨
High color(16ビット)以上

ライセンスについて

ライセンス

  • DTBounceは利用制限付きのフリーソフトです。
    試用期間中(30日間)は、利用制限無しに無償で利用できます。
    また、試用期間終了後も一部機能に利用制限が発生しますが、フリーソフトとして継続し無償でご利用いただけます。
    利用制限解除をご希望の場合は、ライセンスご購入後にライセンス認証を行って下さい。
    ※Blue Moonの正規ライセンスを購入いただいた方に限り、利用制限解除ライセンスを無償で発行しております。
    ※詳しくは、ソフトウェアに付属のヘルプマニュアル及びソフトウェア使用許諾契約書をお読み下さい。

ライセンスのご購入

  • 1ライセンス価格:1,728円(税込み)
  • ご購入をご希望の場合は、メールにて下記あて先迄お問い合わせください。
    宛先: 

ライセンス認証

  • ライセンスご購入後にライセンスキーを発行いたしております。ライセンス認証の手順につきましては、本ソフトウェアに付属しているヘルプマニュアルを参照して下さい。
    ※ライセンス登録前に、DTBounceのバージョンが最新になっているか確認し、古い場合はダウンロード後にアップデートを行って下さい。

インストール方法

インストール及びアップデート方法

  • ①ダウンロードを行ったZIPファイルを解凍する。

  • ②解凍したファイル内のインストール手順.txtファイルを参照し、手順に添ってインストールを行う。

     ※以下のようなメッセージが表示される場合は、「実行」をクリックして次に進んで問題ありません。
      「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」
  • ③インストーラが起動するので、指示に従ってインストールを完了する。
  • ④スタートメニューまたはデスクトップから、DTBounceを起動する。
  • ※新しいバージョンへのアップデート時は、インストール先を変更しなければ旧バージョンのアンインストールを行う必要はない。
    ※但し同じバージョンを再インストールする場合、またはVersion 1系からVersion 2系以降のバージョンアップ時は、一旦アンインストール後に行うこと。(Windows Installerのバージョン変更のため)

アンインストール方法

  • ①スタートメニューから「コントロールパネル」を表示する。
  • ②「コントロールパネル」から「プログラムと機能」を起動する。
    (XP環境では「プログラムの追加と削除」)
  • ③一覧から「DTBounce」を選択して削除を実行する。

リリース情報

リリース履歴

2015.10.21: Version 2.1.0をリリース

機能改善

 
  • Windows 10 32/64ビットに対応。
  • インストーラーの構成を変更。(setup.exeおよびインストール手順を配布)

2015.09.25: Version 2.0.0をリリース(機能追加・仕様変更)

機能追加

 
  • .NET Framework 4.0に対応。(XPは4.0, Vista以降は4.0以上が動作必須環境)
  • SQLite version 1.0.96.0に対応。
  • Windows Installer 4.5に対応。
  • 学習機能に恒久的エラー解析キーワード管理機能を追加。
  • 解析結果をエラー種別及びグループ名でフィルタリングし抽出する機能を追加。
  • 解析結果から直接、任意の解析対象外メールアドレスを登録できるように対応。
  • CSVファイルのインポートで、複数の文字コードに対応。
  • バウンスメールアドレス管理機能の追加。
  • アップデート情報の確認機能の追加。

仕様変更

 
  • 学習機能のWarningメールスキップキーワード管理機能を、一時的なエラー解析キーワード管理機能へ変更。
  • 新機能の一部で、試用期間終了後に利用制限を発生するように変更。(解除にはライセンス購入後にライセンス認証が必要)

2014.05.15: Version 1.1.0をリリース(機能追加・不具合修正)

機能追加

 
  • メールアドレス規則のチェック機能に対応。(送信前に規則違反によるバウンスメールを防止)
  • 照合先データ毎に解析結果の表示項目を変更。(視認性の向上)
  • 外部データ管理の強化。(インポート後のレコード編集及びエクスポートに対応)
  • ユーザー情報・グループ情報の参照画面をBlue Moonの最新バージョンへ統一対応。
  • オプション設定の学習2・3データ登録を、日本語入力に対応。
  • ツールバーのボタンを大きいサイズに変更。(操作性の向上)

不具合対応

 
  • 照合データ先をBlue moon DBに指定した場合、起動時にエラーメッセージが表示されるケースの対応。
  • 解析結果リストで選択行削除を実行時に削除されないケースの対応。

2011.04.26: Version 1.0.1をリリース(機能追加)

機能追加

 
  • 1ユーザー内の複数宛先の解析に対応しました。(家族情報内の宛先も解析可能)
    ※家族情報内の宛先の解析を行うか選択できます。

2011.02.20: Version 1.0.0を新規リリース