HOME > サポート > FAQ一覧 > OCR de PawS


OCR de PawSについて

画像の解像度が低すぎる場合などに検出できない可能性があります。
特にAzureでは、検出するテキストの位置が画像の端に寄りすぎている場合に検出できないことがあります。 画面キャプチャ―等を行う場合は、テキスト周辺に余白ができるよう調整してみて下さい。

Version 1.3.2で対応しました。 現在は、一回の操作で可能なファイル数を100ファイルに制限しています。
Azure Read API F0サービスを指定した場合は、先頭の3ファイルのみ検出できます。これは、Azure側の制限のためです。 Azureで複数ファイルを処理したい場合は、OCR APIを指定するか、S1を契約するようにして下さい。

アプリ内ではマイク機能を利用していません。しかしUWPのセキュリティ仕様上、カメラを利用する場合はマイクの許可も必要になります。
カメラ機能を利用する場合は、許可するようにして下さい。

アマゾン・プライム動画等では、MS企業内のセキュリティまたは著作権(推測)の関係で禁止しているようです。
ChromeやFireFoxでは問題なくキャプチャリング可能ですので、Edge以外のブラウザを使用して下さい。


次のリンク先を参照して下さい。サンプルコードなどもダウンロードできます。
翻訳ページの作成方法


PaaS毎の設定方法や制限事項などに付いては、次のリンク先を参照して下さい。
認証情報の設定手順

現時点では対応していませんが、次期バージョン以降で対応していく予定です


現時点では、マニュアルを用意していません。スマホアプリ等を操作できる方であれば、直感的に操作できるようにデザインしています。
また、アプリ内に機能に応じて操作のヒントを参照できるようにしています。
わかり難い操作などが有りましたら、サポートまでご連絡ください。